main_01.png 表紙	「木蓮」	中沢史年 表紙 「木蓮」 中沢史年   4月	「春爛漫」	塚田米造 4月 「春爛漫」 塚田米造   5月	「満開(梅園)」	東方 満 5月 「満開(梅園)」 東方 満   6月	「カラーにカエル」	東方 満 6月 「カラーにカエル」 東方 満   7月	「和田ノ城より望む」	西野入孝男 7月 「和田ノ城より望む」 西野入孝男   8月	「ナイスショット(竹房)」	竹下義章 8月 「ナイスショット(竹房)」 竹下義章   9月	「秋に向かう(里穂刈)」	春山安二 9月 「秋に向かう(里穂刈)」 春山安二 10月	「久米路峡を行く」	西野入孝男 10月 「久米路峡を行く」 西野入孝男 11月	「晩秋の華(新町)」	春山安二 11月 「晩秋の華(新町)」 春山安二 12月	「秋のおわり(下中山)」	酒井隆一 12月 「秋のおわり(下中山)」 酒井隆一   1月	「どんど焼き(里穂刈)」	東方 満 1月 「どんど焼き(里穂刈)」 東方 満   2月	「冬の山村(信級)」	塚田公保 2月 「冬の山村(信級)」 塚田公保   3月	「塩本からアルプスを望む」	塩入忠彦 3月 「塩本からアルプスを望む」 塩入忠彦 裏表紙	「ろうかく湖を行く」	西野入孝男 裏表紙 「ろうかく湖を行く」 西野入孝男

新着情報

2022年7月:信州新町地区住民自治協議会だよりを更新しました。

詳細はこちらから>


2022年6月:信州新町地区住民自治協議会だよりを更新しました。

詳細はこちらから>


2022年3月:信州新町地区住民自治協議会だよりを更新しました。

詳細はこちらから>



最新ブログ

マリーゴールドと百日草の配布

花いっぱい運動 ~2020.06.22~

マリーゴールドと百日草の配布を行いました。
たくさんの方々に来ていただき全ての花の配布が終了しました。
来年も予定していますので、こうご期待!

マリーゴールドと百日草の芽がでてきました

花いっぱい運動 ~2020.05.26~

マリーゴールドと百日草の芽がでてきました。
小さくてかわいい!

花いっぱい運動

花いっぱい運動 ~2020.05.18~

花いっぱい運動を開催しました。
マリーゴールドと百日草の種まきを行いました。
早く芽がでてほしいな~

母さんの歌

信州新町とは

信州新町住民自治協議会が母さんの歌の商標を取得しています

母さんの歌とは日本の童謡で、母さんに感謝する歌として、広く皆に親しまれている歌です。
作詞・作曲された「窪田聡」氏は岡山県出身ですが、母親の変わらぬぬくもりと、かって疎開で身を寄せた信州新町の叔父の家で暮らした印象が重なって出来たというこの歌は、故郷を離れて働く若者の胸に響いたといわれている。現在も信州新町に、この歌の歌碑が建てられています。
※写真をダウンロードしたい方は、住民自治協議会の許可が必要ですので、ご連絡ください。
 

信州新町地区住民自治協議会は、
「地域のことは地域で解決する。」という理念のもと、様々な取り組みを行っています。

信州新町とは

信州新町とは

信州の北部と中部を結ぶ交通の要衝にあったこの地は、戦国の昔から交易の地として多くの人や物資が行き交い、「新町」の名で親しまれてきました。
江戸後期から明治には犀川の水運河港を背景に、江戸や関西をも商圏とする商業の町として発展。
また、近代以降は芸術家や文人達から創作や交流の場として愛され、現代の「アート&グルメ ふれあいの町」へと引き継がれています。
 

住民自治協議会とは

住民自治協議会とは

住民自治協議会は、「自助、共助、公助」の補完性の原理をもとに、市と協働しながら、地域の特性を生かしたまちづくりを進めるための住民主体の自治組織です。
長野市内32地区において設立され、平成22年度から本格的な活動が進められています。
地区を代表する住民自治協議会は、地域住民の皆さんや諸団体と連携しながら、地区の実情に応じた、自主的で柔軟な活動を行っています。
 

信州新町地区住民自治協議会
(信州新町支所内)

長野市信州新町新町1000番地1
Tel:026-262-4792
Fax:026-262-4793